スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

うっうー

at 17:51, とりやま, 殺気

comments(0), trackbacks(0), pookmark

新人歓迎会など

があったりしてアレでした。
もう2年目。つっても同い年か年上が新人なのでアレでコレです。
しごといってきます。

at 07:38, とりやま, 殺気

comments(0), trackbacks(0), pookmark

微妙

4gamerのゲーマー向けデバイス記事
びんみょ。マーケティングやり直したほうがいい。

at 12:12, とりやま, 殺気

comments(0), trackbacks(0), pookmark

昨日の続き

J'sさんがコメントに書いていた
戦争物への非難は免れないので、それをスポーツの枠にはめようとするところが難しいんだろうね。

同意。住み分けで済む問題じゃないでしょ。

読めば読むほど意味がわからない。
筆者自身、考えがまとまってない状態で記事にしてね?

アマチュアEスポーツの発展はプロフェッショナルEスポーツにとっても良いことかもしれない。スポーツの教育要素についてはアマEスポーツが担ってくれるから、大衆文化としての娯楽性を追求できる。なんでスポーツなのに銃なんだ、という問いかけに対して、そのほうが面白いからだ。本気になれるからだ、と割り切れるからだ。戦闘系ゲームのスポーツ性は、教育や道徳の縛りから解放される。だから今まで以上に盛り上がり、興行的にも成功していくに違いない。

「割り切り」じゃなくて「開き直り」じゃね?
殺しあったほうが面白いに決まってんだろ。 ってことじゃん。

at 19:56, とりやま, 殺気

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2分化するEスポーツ(笑) を読んで

プロフェッショナルEスポーツの発展はアマチュアスポーツの発展を助けるだろう。ゲームは暴力的、非教育的なものもある、という批判を“カテゴリが違う”と封じることができる。そのためには競技種目の選定を慎重に行う必要がある。その努力がEスポーツの社会的認知に繋げるだろう。学校のクラブ活動でアマチュアEスポーツ部が発足したり、地域に密着したリーグが誕生するかもしれない。大学対抗戦、Eスポーツ甲子園、都市対抗Eスポーツなど、Eスポーツの新しい形を開拓できるはずだ。

この部分の

ゲームは暴力的、非教育的なものもある、という批判を“カテゴリが違う”と封じることができる。

ここ。全く意味がわからなかった。解説欲しい。

at 22:39, とりやま, 殺気

comments(2), trackbacks(0), pookmark