<< メタファー、脳のRモード | main | hoge >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

システムシンキング入門まとめ

システムシンキング入門 という本を読んだ。


物事をシステムとして捉えて対象の構造、部分が全体に与える影響を分析する考え方のこと。
物事が複雑になると直感的に理解しづらい事柄が増えるので
どの事象が何に影響を与えていて結果的にどうなっているのかを考えるのに有効。

僕は視野が狭いので、
視野を広げるためには
全体的な視点で物事を考える必要があると思ったので読んでみました。

ただ論理的に考えるだけで物事を解決することは難しい。
物事の全体像、時間的経過が与える影響(時系列的変化)、
状況変化(コンテキストの変化)を加味した上で考える必要がある。

QLの1on1やってても時間的経過によって流れが変わるので、
流れが変わる要因や原因分析を行うのにもシステムシンキングは十分役立つと思う。

本書で掲げているシステムシンキングの特徴は以下の3つ。

・個々の要素だけでなく、その連鎖や全体への影響について考えることができる
・時間の経過による事態の変化について考えることができる
・意思決定の際に、その中長期的影響や「副作用」について考えることができる

上記3つはガチゲームをやる上でとても大事だなーと思った。


システムは以下の4層に分かれる

・第一階層 出来事(事象)
・第二階層 パターン
・第三階層 構造
・第四階層 メンタルモデル

できことや事象は今起こっている出来事のこと。
パターンは傾向のこと。
構造はパターンを引き起こす全体の構造のこと。
メンタルモデルは暗黙のうちに持っている考え方や行動方針のこと。世界観(笑)と同義。

浅い階層の物事はわかりやすいが、構造やメンタルモデルまでいくと
ちゃんと考えないとわかりづらい。

構造を理解すると個々の事象が与える影響の全体像がわかるし、
メンタルモデルまで理解すれば行動指針を把握できる。

at 20:05, とりやま,

comments(1), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 20:05, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
-, 2011/08/27 2:20 AM

管理者の承認待ちコメントです。










trackback
url:http://toriyama.jugem.jp/trackback/123