<< Lost Control2 | main | 脳のLモードとRモード >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

紫電試作インプレッション

紫電の試作品をいただきました。
ありがとうございます。

ちょっと使ってみたので簡単に書いてみます。

飛燕のようなざらつきが全く無く非常にフラットです。
動摩擦係数はkai g2gより高く、静摩擦係数はkai g2gより低い印象です。
ですので、動かし始めは軽く、動き出して加速がかかってくると抵抗を感じるようなイメージです。
ざらつきがまったくなくフラットなのでそう感じるのかと思われます。

上記以外にも以下のような印象を受けたので箇条書きでまとめました。

・質感は滑る紙かザラツキのないプラスチックっぽい
・よく滑る(surface1030の滑る面に近い)
・布という感じはせずプラスチック系のパッドに近い
・icematよりも抵抗が少なく滑る
・上下左右に動かしたときの抵抗差が無い(飛燕は横のほうが滑る)

こんなかんじでしょうか。

僕は基本的には布のマウスパッドが好きなので
どっちかというと飛燕のほうが好みです。
1週間ほど使用してまた感想を書いてみます。

at 21:06, とりやま, デバイス

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 21:06, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://toriyama.jugem.jp/trackback/120